俺にとって愛すべき新宿という場所について

俺にとって気兼ねなくいける場所――新宿。誰かに気を遣ったり、服装にこだわったり、やたらと構えたりせず、ありのままの姿でぶらりと立ち寄ることが出来る新宿が、俺は好きだ。このサイトではそんな俺の好きな新宿と、その歴史や成り立ち、そしてその新宿が舞台になった愛すべき物語や映画などについて語ることにしよう。

Menu

新宿とそのイメージ、今現在について


 みんなは新宿にどんな印象を持っているだろうか? 昭和39年に東京オリンピックがひらかれてから、高度経済成長を経て、新宿は大きくなっていった場所なのだが、その副都心としての開発は最近は方向性がかなり変わったらしく、多くの人がイメージする「歓楽街が多くて、エロくて、物騒な場所」というイメージとはかなりかけ離れた、ビジネスシティーへと変貌して行っている。特に東口にてビルの建造ラッシュなどが起こり、最近では地価も非常に高騰して行っていることから、新宿二丁目のゲイバーなどが瀕死になっており、立ち退きを余儀なくされているといった話も聞く。そんなみんながイメージする新宿と、実際の新宿というものについての、ビジョンをまずは埋めていくところから始めていこうじゃないか。

新宿の待ち合わせはめぐりあえるのか?!

意外とサラリーマンが多い

 さて、人によっては意外に感じるかも知れないが、意外にサラリーマンが多く、また若者も多い場所が新宿なのだ。たとえば、新宿駅はJR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京メトロ、東京都交通局といったものが集まっていることから、一日平均乗降者数は約326万人もあり、これはギネス世界記録にも認定されてしまっている。特にその中でもサラリーマンの人口はかなり多く、時点で学生が多い町になっているとのことだ。

 また総務省の統計局が出したデータによると昼人口も非常に多い場所であり、おおよそ77万人の昼人口を誇るこの新宿という場所は、東京都で第三位の人口を誇る場所にもなっている。

ただ、定住する人は少ない

 ただし、昼人口が多いということもあってか、実際に定住する人などは年々減って行っているというデータもある。たとえば、東京都自体の人口は増加しているのにもかかわらず、人塾自体の定住人口や生産年齢人口なども減っていっている。また、人口減少だけでなく、徐々に高齢者が増えていっているというのも意外に感じるかも知れない。新宿というと若者とサラリーマンが多いイメージが頭の中に構成されてしまっているかも知れないが、実のところ、実際に定住している人は爺婆が多いのである。

新宿区はどうか?

 また新宿区全体でも、定住人口は減り始めているらしい。昼人口は非常に多いが、1965年からずるずると定住人口自体は減っており、1997年からは若干微増傾向として盛り返す物の、どうしても、定住するという人はあまり多くなっていっているとはいえない。日本の人口ピラミッドなどと比較すると比較的生産年齢の人口が多いことがわかるが、その多くが定住はしていないこともまた同様にわかる。多くの大学や企業が集まっていることによってこの昼人工の増加が引き起こっているのだろうと推測するが、やはり、その推測通り、次第に高度な開発が行われていくようになっているのである。

雨の日にありがたかった「サブナード」・・。

市川 不動産では、今後人気が出ることになるであろうその不動産の仲介を現在実施しております 。後悔するより、目先の希望を掴み取って楽しい生活を始めませんか? 。物件は基本的に先着順となっていますので、この機会を逃したら二度と住む事ができなるかもしれません 。有名な人が設計した家に住むことが憧れだったというあなた、是非市川 不動産にご来店ください 。遂に登場!あの有名建築家が設計した物件が、この市川市にて建設が始まりました 。

新宿の再開発事業

 新宿では、都市における土地の健全かつ合理的な利用、高度都市機能の更新を計ることを目的として、市街地開発戦略事業を押しすすめてきた。結果、都市は進化を続け、近代的なビルが建ち並び、また駅なども非常に入り組んでいるという結果になってしまっている訳ですが、実際にはまだまだ木造建築物の密集地帯や、狭すぎる道路などの工事不良が引き起こっているなどと、まだまだこれから開発を進める余地が残る状況になっている。特に防災関係に関してはまだまだ改善の余地が残る場所が非常に多く、今後のさらなる発展が期待されるだろう。

新宿のユーザーフレンドリーは進むか?

 また、新宿のユーザーフレンドリー施策も今後進んでいくと思われる。特に最近では入り組んでいてよくわからないと言われている新宿駅なども少しずつ初見の人にも優しいように標識が改善されていたりと少しずつ改善が進んでいます。さらにもしかするとGoogleストリートビューと連携し、駅構内のストリートビューなども今後公開されるかも知れない。それに関しては今後に期待したいと考えている。